交通流数理研究会

The Mathematical Society of TrafficFlow

English/Japanese

研究会の趣旨

これまでのシンポジウム/ 掲載論文一覧

原稿投稿規程(送付先含む)/ 投稿原稿スタイルファイル


重要なお知らせ

2022年のシンポジウムはZoomによるオンライン会議です
査読システムを変更します(下記「査読について」を参照)

論文PDFは各年度毎の プログラム から取得することができます


査読について
分野の幅も広がり、講演数も多くなったこともあり、論文・講演の質をより高くするため に、これまでの査読システムを変更いたします。

メーリングリスト案内/ 問い合わせ先

第28回交通流と自己駆動粒子系のシンポジウム
主催
交通流数理研究会
日時
2022年12月1日(木)午後 - 2日(金)
場所
Zoomによるオンライン会議
参加登録
参加は次のURLからお願いします:参加登録:第28回交通流・自己駆動粒子系シンポジウム
講演申し込み及び原稿〆切
10月31日(月) 17時必着(厳格)
講演を希望される方は、講演概要原稿(A4で最大2ページ)を添えてお申し込みください。
投稿についての詳細(送付先含む)は投稿規程を参照してください。
講演概要の形式は、これまでの投稿規程にあるものに準じます。但し2ページ以内に制限して下さい。(形式はpdfまたはword。基本的にpdfに変換し送付してください。)

講演概要・論文原稿の送り先: 杉山雄規 Email: sugiyama★phys.cs.is.nagoya-u.ac.jp ("★" を"@"へと変えて下さい。)
メールの件名に「交通流・自己駆動粒子系シンポジウム講演申し込み」 とお書きください。

論文投稿についての詳細(送付先含む) 投稿規程 を参照してください。

内容
広い意味での多体粒子集団の動的現象の数理: 交通流のシミュレーション/数理的研究、 ITS、都市道路網、 セルオートマトン、ネットワーク、非平衡系・散逸系・拡散系の物理、 粉体の物理、自己駆動粒子の動力学現象、歩行者・避難者流、 生物集団の運動や行動現象、分子モーター、経済・社会現象など、 交通流に限らず、人の流れや動物の群れ、微生物の集団など 自己駆動粒子系全般、ASEP をはじめとする相互作用粒子系、 ネットワーク上の流れなど、周辺のさまざまな話題を歓迎します。
特別講演
講演概要集・プロシーディングス
講演概要集・プロシーディングスの冊子版作成は中止とし、PDF版のみを用意する予定です。(指定サイトよりダウンロードできるようにします。) なお、個々の概要・論文につきましては、次のURLに掲載します。 講演概要集
プログラム
2022年(第28回) 講演プログラム
論文集
講演後に講演内容から、プロシーディングス(速報)の論文集として発刊いたします。
A4、最大4ページ(形式は、講演概要と同じ。概要集に投稿された原稿に続いて、執筆してください。pdfまたはword。基本的にpdfに変換し送付してください。)
掲載希望者は、決められた期日までにエディターに原稿を送付する。レフェリーの査読を経て掲載の可否を決定する。
参加費
無料
日程の目安
助成
室蘭工業大学大学院 工学研究科・しくみ解明系領域 ならびに 名古屋大学情報学部大学院情報学研究科から支援を受けています。

交通流数理研究会のMailing List 登録案内

研究会のメンバーになりたい方、研究会のニュ−スを知りたい方 どうぞ 登録をお申し込みください。

佐賀大 只木 進一

E-mail: tadaki_at_ai.is.saga-u.ac.jp (_at_を@に変えてください)

交通流数理研究会

問い合わせ先

杉山 雄規

連絡先(論文投稿以外)
〒464-8601 愛知県名古屋市千種区不老町
名古屋大学 情報学研究科 複雑系科学専攻 多自由度システム情報論講座
E-mail: sugiyama_at_phys.cs.is.nagoya-u.ac.jp (_at_を@に変えてください)